業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

リサイクル品買取コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

不用品買取業者の選び方があれば教えて下さい。

夫の転勤に伴い、家の中の不用品を処分することにしました。新居には元々備わっている家具が多く、持っていく必要のない物の方が多いかもしれないほど。少しでもお金に変えたいため、売れるものは売って、価値のない物は回収をお願いしたいです。よく、家の郵便受けに入っているリサイクルショップのチラシは高価買取と書いてありますが、信じていいのでしょうか?以前に知り合いがネットでみつけた業者に依頼した時、なんでも回収するとホームページに書いてあったにも関わらず、物によっては有料であれば回収しますと言われ、その場の流れ上、断ることも出来ずお金を払ったと聞きました。我が家は不用品の品目も多く、回収してもらうものを事前に、詳細に伝えられるか分かりません。1回で全て完了させたいので、業者選びは慎重にと考えています。業者は数多くありますが、選ぶポイント、良い業者か見分けるポイントがあれば教えて下さい。

回答

詳細が明確であるかがポイントです


不用品回収業者に頼むメリットは何よりも楽であることです。ほとんどの業者が梱包、運搬、処分までを行うため、依頼者は面倒な作業をしなくていいからです。
回収にあたり、回収を希望するものが有料回収なのか、無料回収なのか、買取可能なものは査定してもらえるのか、などの確認は欠かせません。業者によって、回収した後のリサイクル目的が違うため料金の差が発生すると言われています。
買取査定を希望する場合は、数社に相見積もりを取り比較するのが賢明です。電化製品であればメーカー名や型番号、購入時期を言えばすぐに見積を出してくれる所もあります。業者によって買取や回収品目の目安金額を出している場合も多いため、そういった金額が明確な会社を選んだ方が安心です。また、どんな場合に追加料金がかかるかを明確にしていることも重要です。後から追加料金がかからないか念を押して確認しましょう。
一方、新聞広告やチラシ、マグネット広告と言った広告料金をかけている業者や、軽トラックで地域を巡回している回収業者は割高な場合が多いです。広告料金をかけている分が回収費用に反映されるため、かけていない業者より確実に高くなります。
また、見積もりを依頼する際、その明細の内訳が記入されているかも確認が必要です。業者によっては運搬作業人件費を上乗せするようなケースも少なくありません。回収費の中に含まれている、もしくは別途人件費請求というのは初めから明らかである必要があります。
業者を探す際にはこういった詳細が明確な会社かを判断して選びましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク