業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

リサイクル品買取コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

リサイクル買取で見積書や領収書をもらうべきですか?

自宅の整理をしたところ昔買ったけれども今ではまったく使っていないものがたくさん出てきました。
そうしたものを自宅に置いておくと無駄なスペースを使ってしまうため、すぐにでも処分したいです。
そのためにリサイクルショップを利用するつもりであり、その際に見積書や領収書などをもらっておくべきか悩んでいます。
こういった書類をきちんと請求しておいたほうがよいのか教えてください。

回答

トラブルを回避するために見積書や領収書をもらっておきましょう


これからリサイクル買取を利用する際には面倒くさいために見積書などをもらっておくのが面倒という人がいるかもしれません。
また、業者の中にはきちんとした見積書や領収書を作成してくれないところもあります。
しかし、見積書や領収書というのは、買取契約の内容を示すものであり、後でトラブルを避けるためにも重要なものといえます。
そのため、これから買取サービスを利用する際にはきちんと内容を書面に残しておくが大切であり、しっかりと見積書や領収書を受け取っておきましょう。
見積書や領収書の中身をチェックすることによって、それぞれの品物がいくらで買取されたのか確認することができます。
たとえば、見積りをもらうときには口頭で結果を聞くだけではなくて、その内容を証拠として残しておくために書面を残すことが大切です。
そうすれば、後になって見積りと違う内容で取引をした場合には、見積書の内容と異なっていると訴えることができます。
口頭のみで見積りを済ませてしまうと、見積りの内容を証明することができなくなってしまい、泣き寝入りしなければいけないケースもあるのです。
見積書や領収書といったものは、まともな業者であれば、こちら側から要望しなくても渡してくれるものです。
こちらが強く主張しないと見積書などの書面を発行してくれないような業者は注意しましょう。
やましい部分のない業者であれば、書面を発行することを躊躇する必要がないからです。
また、見積書や領収書などをもらったときには、その内容が口頭で説明を受けた部分と正しいかどうか確認しておきましょう。
たとえば、領収書をチェックすると説明を受けていないのに価格が異なっていたり、知らない費用が計上されていたりすることがあるのです。
そういったおかしな部分についてはきちんと指摘することが大切であり、領収書や見積書の内容については不明な部分に関してきちんと説明してもらいましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク