アルミホイールの買取ならお任せ下さい

アルミホイールの買取
2018年11月30日

アルミホイールをアルミの原材料として買取してもらえて

今は若者の車離れが進んでいるようで、確かに私の周りにも大学生で車を運転している友人は一人もいなくて、私が大好きな車の話を飲みの席でしても、共感してくる人は皆無で寂しい想いをしていました。
しかしこのままだと寂しい大学生活になりそうだと思い、自分で自動車部を作って、わずかな車好きを大学内で集めることに成功した過去が私にはあります。
昨年30歳の誕生日を迎えましたが、今でも初代部長として大学の自動車部には定期的に顔を出していて、勝手に名誉部長とも呼ばれて、お陰様で3年前に起業した会社も上手くいっているので、自動車部には自分で車やカーパーツを購入して寄付もしています。
お陰様で、ここ数年は部員数も増えてきたようで嬉しい限りですが、最初に部を作った時は3人からスタートして、私が卒業した時も合計で10人しかいなくて、部室も狭くて自動車を置くスペースもなくて、自分たちで大学の近くに駐車場を借りていました。
それでも常に中古の自動車を安く購入して、車いじりを部の活動として続けてきたようで、今では大学構内に自動車を置くスペースも、部室も作業場としても使える広めの部屋を獲得できています。
しかし、部室にはこれまで歴代の部員たちが廃棄したタイヤやホイールも山積みになっていて、廃材でかなりのスペースを取っていたので、現部員の一人がここを利用してみてはどうかと、先日アルミホイール買取センターさんに依頼させてもらいました。
その名の通りに、アルミホイールを専門に買取してもらえるということでしたが、本来の目的では利用できないアルミホイールを、アルミの原材料として買取していて、さらに買取時にはその他の不用品の無料回収もサービスしてもらえるということで、この度は部室の中がキレイに片付けられて、本当にありがとうございました!

アルミホイール買取センターとの出会いが経費の削減にもつながって


主人は結婚前から車が大好きで、結婚した時は普通のサラリーマンでしたが、子供が出来た年に勝手に会社を辞めて、仲間と自動車の販売会社を立ち上げました。
最初は経営が上手くいかなくて離婚も頭を過りましたが、車好きの仲間の協力もあって、売り上げはどんどん増えて、アルミホイール買取センターとの出会いが経費の削減にもつながって、今は私も会社の経理を担当していますが、いつも助かっています!


PageTop